toggle

「一緒」に食べて「一緒」に話す共食と対話の場
「組織ふうど」とは? 「一緒」に食べて、「一緒」に話す、
共食と対話による、場づくりです。

コンセプト
組織ふうどは、組織やチームが目指す方向に向かうために、
共食と対話による場づくりで支援します。

「一緒」に食べるということは、
あなたはここにいていい、
あなたのことを大切に思っている、
ようこそ、いつでも来てください
というその人自身の存在を認める
リーダに必要な要素と似ています。

食を共にすることで五感を開き、
エネルギーの高まりにより、
場の活性化を促します。

人が二人以上いれば組織と考え、
組織風土をfoodのふうどで変えていこうというものです。

英語ではDialog with Refreshments
Refreshmentsは飲食物や食事です。
今の時代になぜこれをするのか?
人財を大切に考える経営者やリーダ達は、メンバーとの対話に時間を割いてきました。リーダのかかわりによって、変化を起こした人の事例はたくさんあります。
本当に大切なことは、人と人が心から思いやりを持って働ける職場。
そのような職場は定着率が高いのです。

今は働き方改革が叫ばれ、テレワークで働く人も多くなってきています。
朝早く出社して夕方早くに帰る人、子育てで時短で働くママたち。
多様な働き方が選べるようになったいまの社会では、飲み会でコミュニケーションというのは現実的でなくなってきています。

海外ではプロジェクトをはじめるにあたりまずはバーベキューといった習慣があります。
日本ではお昼の時間にご飯を一緒に食べて、 その場で自分で作ったおむすびを食べながら対話していこうというのが「組織ふうど」の提案です。
このような方にオススメです
☑︎新しくプロジェクトを立ち上げ、チームのビジョンを創りたいとき
☑︎ トップのビジョンをメンバーに共有し、自分ごととして捉えてもらいたいとき
☑︎ プロジェクトが煮詰まってきていて、新しい視点を持ち込み、未来を創り出したい
☑︎ チーム定例で、とくに重要なテーマを話し合いたいとき
☑︎ 半期に一度のチームでのふりかえりのとき
こうしたメリットがあります
姿勢を正そうと上を向いたり
なつかしい音楽を聞いたり
好きな香りを楽しんだり
おいしいものを食べる

肌ざわりのよい毛布に包れば
心地よい気分になり、気持ちが上向きます。

五感を変えることは、
心の状態を変えるのに有効です。

食べることは、見て、香りを楽しみ、味わう
五感を使うことで、いい気分で
対話していくことにつながります。

深い対話から、ビジョンを描き、未来を創り出し、
一人ひとりが自分ごととして
主体的に動き出していきます。

おむすびで心を結ぶ
組織ふうどのレシピ(ガイドブック)

「関係の質を高める」「思考の質を高める」「行動の質を高める」のレシピを公開し、
誰もが「食×対話」により未来を創り出せることを目指しています。
【関係性を高めるとはどういうことか】
ダニエル・キムの“4つの質サイクル”と呼ばれる循環モデルがあります。
人と人との関係性が、組織を強くする考え方です。

場のマネジメント論の伊丹敬之氏“の組織の経営全体と場”を
4つの質サイクルにあてはめてみると、起点になる関係の質
が重要であるということがわかってきます。

関係の質が、人々の情報的相互作用に影響をします。
関係の質から、思考の質、行動の質、結果の質へと繋がっていく
はじまりになります。

思考の質は、人々の意思決定、人々の心理的エネルギーに
影響を与えます。

行動の質は、現在の人々の事業行動、将来のための人々の学習行動
といった、行動と学習の望ましさは組織内の整合性と環境との
適合性に関係します。

結果の質は、現在と将来の組織の業績です。

4つの質サイクルの中で、組織の経営全体と場を通じて
自ら好循環を回すことを目指していきます。

関係の質を高める

ビジョンについて
ヒーローズジャーニー
ライフビジョン3点セット
深層心理洗い出し
ビールゲーム
箱の考え方

思考の質を高める

場づくりの定義
場づくりとは
場のコントロールとは
場づくりレシピ

行動の質を高める

パッションをもつ
セルフマスタリー
免疫マップ
箱の考え方

お問い合わせはこちら

about us

有賀圭(ありが けい)

企業の人事部で組織活性化のファシリテーターをしています。
コーチングの個人セッションや、グループコーチングでのビジョンづくり。
場づくりのために対話の場、ワークブックを作っています。
もっと読む...